私が産後ダイエットに成功した方法

母乳育児は産後ダイエットに効果的なの?

産後4ヶ月で7.5キロのダイエットに成功した私が産後ダイエットで成功するために必要な情報をご紹介します。

産後の経過期間に関係なく痩せることが可能。

辛い食事制限や無理な運動は 一切不要。

リバウンドを起こさずにキレイなスタイルを持続させるダイエット方法。

毎日3分から5分しっかり実践するだけ。

体はスリムにバストはそのままキープ。

産後に関係なく痩せることができる。

ダイエットが長続きしない人でも続けられる方法。

便秘が解消されてくびれができる。

↓↓↓一人目を出産した明日香さんの7日後の実践結果とは?↓↓↓

母乳育児は産後ダイエットに効果的なの?

 

大抵のママは、赤ちゃんを
母乳で育てていると思います。

 

ちなみに、WHO(世界保健機関)によりますと、
生後半年までは完母で赤ちゃんを
育てるよう推奨しています。

 

赤ちゃんに免疫力を付けるためにも、
初乳はとても大切なものになります。

 

 

授乳期はお母さんが摂った栄養が、
そのまま赤ちゃんにも行き渡りますので、
食事は栄養バランスを考えて、
しっかりと食べておきましょう。

 

母乳は血液によって作られるので、
良い血液を作ることが、
良質な母乳を作ることになります。

 

そのためには、母乳の主成分となる白米や
血流を良くする野菜を食べましょう。

 

また、脂肪の少ない赤身のお肉や
鶏のササミや胸肉、
カツオやマグロの赤身などの
タンパク質も摂るようにしましょう。

 

母乳育児だから痩せるのは嘘!?

 

母乳育児中は食べても食べても
太らないママもいます。

 

そして、いくら食べても
痩せていくママもいます。

 

逆に授乳しているにも関わらず、
全然痩せないママもいます。

 

この違いは何なのでしょうか?

 

もちろん、体質の違いもありますが、
摂取カロリーや消費カロリーにも違いがあります。

 

授乳中は母乳を作るために、
1日に約800〜1000kcalほど、
消費すると言われています。

 

そのため、一般的には、
授乳中は痩せやすいと言われています。

 

ですが、毎日母乳を飲ませているのに、
なかなか痩せない人がいるのも事実です。

 

その理由として考えられるのが、
妊娠中や産後のホルモンバランスの影響です。

 

妊娠中は黄体ホルモン(プロゲステオロン)が、
たくさん分泌しています。

 

このホルモンは妊娠するために、
脂肪を付ける働きがあります。

 

産後に母乳を与えていても痩せにくいのは、
黄体ホルモンが正常値に戻らずに、
高い状態になっているからです。

 

個人差もありますが、産後3ヶ月は
黄体ホルモンの活動が活発になっています。

 

そのため、母乳を与えても、
すぐに体重が減らないのです。

 

また、母乳育児にも関わらず痩せない人の多くは、
早食いをしたり、間食や夜食を食べたり、
朝食を抜いたり、脂っこい物や肉ばっかり
食べている傾向にあります。

 

偏った食事をしたり、
食べる時間が不規則など
食生活が乱れることにより、
太りやすく痩せにくくなります。

 

特に産後は赤ちゃんの世話をするため、
家に居ることが多くなり、
運動などでカロリーを
消費することも少なくなります。

 

当然、摂取カロリーよりも
消費カロリーが少なくなると、
いくら母乳を与えても自然と太ります。

 

母乳で多くカロリーが消費されると安心して、
つい食べ過ぎてしまうことも太る原因になります。

 

たくさん食べればどれだけ母乳を飲ませても
摂取カロリーをオーバーして、
余ったカロリーが脂肪として蓄積されます。

 

また、良い母乳を作るためにも、
とにかくたくさん食べないとダメだと
思っている人もいるでしょう。

 

ですが、母乳育児中に食べ過ぎると、
母乳が出なくなる原因にもなります。

 

特に脂肪分を摂り過ぎると、
乳腺炎や母乳が詰まる原因にもなります。

 

母乳育児でも授乳回数が少ないと痩せにくい!?

 

いくら母乳育児をしていても
赤ちゃんを保育園に預けたりして、
授乳回数が少なくなると、
消費カロリーも少なります。

 

また、しばらく母乳で育てていても、
ある時期になると自然と母乳を飲む量も減って、
母乳を与える回数も減ってきます。

 

妊娠中は安静にしていることが多いため、
産後は基礎代謝も低下しています。

 

それにプラスして授乳回数が減って
母乳による消費カロリーも少なくなると、
痩せにくくなります。

 

母乳とミルクの混合育児だと痩せにくい!?

 

完全母乳育児と違って、
ミルクも飲ませている場合は、
母乳だけの場合に比べると、
消費カロリーが少なくなります。

 

そのため、完全母乳育児の人と
同じ量を食べていると、
当然痩せることは出来ません。

 

母乳の出がよくて、
完全母乳で育てることができるなら、
産後ダイエットの役に立つと言えます。

 

ですが、完全母乳育児のため
すぐにお腹が空くからと言って、
必要以上に食べ過ぎると、
すぐに摂取カロリーをオーバーして、
完全母乳でも痩せることは出来ません。

 

母乳育児で痩せるためには?

 

母乳育児中はヘルシーで、
栄養バランスが良い和食がお勧めです。

 

焼き魚なら余分な脂を落としてくれますし、
お味噌や納豆、お豆腐など体に良い物ばかりです。

 

また、煮物や和え物などは、
良い母乳を作る栄養素が豊富です。

 

ですが、たまには洋食や中華も
食べたくなる時があると思います。

 

そんな時は電子レンジを使って調理しましょう。

 

電子レンジを使うことで、
余分な油を使わずに調理できるので、
カロリーを抑えることが出来ます。

 

また、タッパーに入れて作り置きして、
冷蔵庫で保存すれば、
数日間は食べることが出来ます。

 

電子レンジを使えば、
育児や家事で忙しいママも
調理の手間が省けて便利ですよ。

 

全部レンチン! やせるおかず 作りおき』という本では、
全部電子レンジで作れるレシピが88種類紹介されています。

 

この本の著者である料理研究家の柳澤英子さんは、
電子レンジで作ったおかずを食べるだけという
シンプルで簡単なダイエットを実践されました。

 

その結果、代謝の悪くなる50代にも関わらず、
1年で26キロ減のダイエットに成功されました。

 

その後もリバウンドされていません。

 

また、女性芸人のバービーさんは、
21日間の電子レンジ調理体験で、
体重が6.5キロ、
お腹周りが15センチ減りました。

 

どのレシピも食べごたえがあって、
栄養満点なので母乳育児中にもピッタリです。

 

母乳育児で痩せるコツとは?

 

母乳育児中は赤ちゃんに栄養を与えようとして、
ついつい食べ過ぎてしまう傾向にあります。

 

また、授乳中は赤ちゃんに母乳を飲ませる度に、
お腹が空きやすくなってしまいます。

 

だからと言って、つい自分に甘えて
食べ過ぎるのは禁物です。

 

食べ過ぎることで胃がどんどん大きくなり、
少量では満腹感を得られにくくなります。

 

また、食べるのを我慢して、
空腹状態が長く続くと、
次の食事の時に早食いになったり、
ドカ食いする原因となります。

 

さらに空腹状態の時に食事をすることで、
血糖値が急上昇してインシュリンが大量に分泌され、
中性脂肪がたくさんできて、
脂肪として蓄積されていきます。

 

空腹状態を我慢することで、
イライラしてストレスが溜まります。

 

そのため、空腹状態になる前に
おやつなどの間食もしましょう。

 

ただし、お腹いっぱいになるまで
食べないように注意しましょう。

 

おやつを買う時は1袋に入っているものではなく、
個別包装されたものを選ぶようにしましょう。

 

お勧めのおやつは以下の通りです。

 

マンナンライフの蒟蒻畑ララクラッシュ(1個7kcal)

 

たねやの寒天(1袋141kcal)

 

セブンイレブンのアップルマンゴー(1袋88kcal)

 

セブンイレブンのブルーベリー(1袋94kcal)

 

ローソンのブラン豆乳クッキー(1袋159kcal)

 

ローソンのブランクリームサンド(1袋171kcal)

 

ソイジョイ(1本133kcal)

 

なとりのまるごとあたりめ(1袋66kcal)

 

各種インスタントスープ(1個約100kcal)

 

シュガーレスガム(1粒約10kcal)

 

母乳育児中におやつを食べる時は、
100kcal程度にしましょう。

 

また、おやつを食べる時は、
14時〜16時の間にしましょう。

 

この時間帯は脂肪が、
溜まりにくいとされています。

 

ですので、このタイミングで、
おやつを食べましょう。

 

また、噛みごたえのあるおやつを食べることで、
満腹中枢が刺激されて、
少量でも満足感を得ることができます。

 

まとめ

 

母乳育児だと母乳を作るために、
毎日ジョギング1時間程度の
カロリーが消費されるので、
痩せやすくなります。

 

ですが、母乳育児が痩せやすいから、
赤ちゃんに母乳を与えるのではなく、
母乳が出るなら赤ちゃんの発育のために、
母乳を飲ませるようにしましょう。

 

また、母乳を与えているから
痩せていくと過信すると、
食べ過ぎによるカロリーオーバーで、
太ってしまいます。

 

母乳育児だけで痩せない時は、
食事内容を見直したり、
骨盤矯正やヨガなどの
負荷の軽い運動も取り入れましょう。

 

そして、開いた骨盤を戻すために
骨盤ベルトや骨盤ガードルで
締めつけましょう。

 

母乳育児中に痩せないからと言って、
極端な食事制限はしないようにしましょう。

 

栄養が不足することで、
母乳の質が低下します。

 

また、肌荒れや抜け毛が酷くなるなど、
ママの体にも悪影響を及ぼします。

 

産後に早く体重を戻したい気持ちは分かりますが、
10ヶ月かけて増えた体重をすぐに落とすには、
無理があります。

 

産後1ヶ月は出来るだけ安静にして、
しっかりと体を休めましょう。

 

産後1ヶ月でママと赤ちゃんの検診が終わってから、
徐々に運動量を増やしていくことで自然と痩せていきます。

 

母乳育児で痩せないからと言って、
過度なダイエットはしないようにしましょう。

 

関連記事

産後はどうして太るの?

 

産後は平均的して何キロぐらい太るの?

 

産後ダイエットはいつから始めればいいの?

 

産後に体型を戻すにはどうすればいいの?

 

帝王切開の産後ダイエットはどうすればいいの?

 

産後、確実に痩せるにはどうすればいいの?

 

産後ダイエット中に食事制限をしても大丈夫?

 

通常のダイエットと産後ダイエットの違いは?

 

一人目と二人目の産後ダイエットに違いはあるの?

 

6ヶ月過ぎたけど今からでも産後ダイエットは間に合う?

 

産後にウエストニッパーやガードルは着用した方がいいの?

 

産後ダイエット中に空腹を感じた場合はどうすればいいの?

 

産後のお腹は腹筋をすればへこむの?

 

産後に生理が再開すると生理中は太りやすくなるの?

 

産後ダイエット後にリバウンドしないためにはどうすればいいの?

 

産後ダイエットのためにサプリメントを飲んでも大丈夫なの?

 

サウナスーツは産後ダイエットに効果的なの?

 

産後ダイエット中に空腹を感じた場合はどうすればいいの?

 

産後のたるんだお腹を引き締めるにはどうすればいいの?

 

産後に矯正下着はつけた方がいいの?

 

産後ダイエット中にビールを飲んでも大丈夫?

 

産後ダイエット後に残った妊娠線を除去するにはどうすればいいの?

ラク痩せ産後ダイエットの人気ランキング

産後のママさん達が利用して満足の高かった

産後ダイエットのお勧め商品を独自に調査して、

人気順にランキング形式で紹介しています。


これから、産後ダイエットを始めたり、

産後ダイエットに失敗した方は、

是非、参考にして下さいね。


ベルタ酵素の酵素ドリンク



産後の主婦がベルタ酵素でダイエットに挑戦!パート1


産後の主婦がベルタ酵素でダイエットに挑戦!パート2


ベルタ酵素ドリンクで1週間プチ断食した結果


ベルタ酵素が人気の理由


99%の方がダイエット効果を実感!


業界最大級の酵素数165種類を配合!


ヒアルロン酸、プラセンタ、ザクロの三大美容成分を最大限配合!


医学雑誌で紹介されてドクターからもお墨付き!


ピーチ味でとっても美味しい!


天然成分から出来るているので授乳中でも安心!


出産経験のあるスタッフによるサポートが充実!


ベルタ酵素を飲むことで

代謝酵素がアップし痩せ体質に!


酵素は生野菜や発酵食品に含まれていますが、

毎日食べるのは大変です。


ベルタ酵素なら効率的に

かつ経済的に酵素を体内に取り込めます。


酵素は赤ちゃんにとっても必要な栄養素です。


授乳時に赤ちゃんに栄養を与えることが出来ます。


>>>今だけ22%OFF!送料無料!ベルタ酵素の公式サイトはコチラ<<<


TVショッピングで大ヒット!骨盤ウォーカーベルト




骨盤ウォーカーベルトが人気の理由


3つの骨盤の歪みに対応!


1日10分骨盤を正しい位置に戻すだけ!


約7割の方が腰が軽くなったと実感!


早い人で1週間でダイエット効果を実感!


特許取得の独自クロス構造!


産後の骨盤引き締めに効果的な構造!


高品質の日本製!


従来のフォック式からマジックテープ式に変更!


ベルト本体の臭いが出ないように改良!


他の骨盤ベルトと違って、

骨盤ウォーカーベルトには

仙骨パッドが付いています。


仙骨をサポートすることで、

骨盤の反りや仙骨と腸骨の間にある

仙腸関節のずれを直します。


また、仙骨パッドにより姿勢が良くなって、

楽に歩けることができます。


骨盤ウォーカーベルトを巻いて

エクササイズなどをすると、

骨盤が正常な位置に戻ります。


すると、下がっていた内臓や

筋肉も正常な位置に戻って、

基礎代謝が上がって痩せやすい体になります。


産後すぐに骨盤ウォーカーベルトをつけると、

尿漏れや子宮脱の原因になることもあります。


そのため、産後2ヶ月以降から使い始めましょう。


>>>今だけ値引き中!送料無料!骨盤ウォーカーベルトの公式サイトはコチラ<<<


Vアップシェイ プリフト



タレントのヒロミさん監修のVアップシェイプリフト


Vアップシェイプリフト 愛用者の声〜手島優さん〜


Vアップシェイプリフトが人気の理由


履くだけでお尻や太ももの裏に圧が掛かりシェイプアップ!


産後の下半身太り解消に効果的!


骨盤ベルト内蔵で産後の骨盤をサポート!


ウォーキングをするとさらに効果がアップ!


正しい歩き方をサポートしてO脚を改善!


骨盤ベルトだとずれてきたり、

外出したりトイレの度に外すのが

面倒になりがちです。


でもVアップシェイ プリフトなら

しっかりと骨盤を支えながら、

履くだけで下半身ダイエットすることができます。


家事や育児の妨げになることもありません。


Vアップシェイプリフトを履くと、

姿勢が良くなってお腹に力が入ります。


そのため、インナーマッスルを

鍛える効果もあります。


産後ダイエットしたくても

育児や家事で忙しい場合は、

Vアップシェイプリフトが便利ですよ。


>>>今だけ値引き中!送料無料!Vアップシェイ プリフトの公式サイトはコチラ<<<


 
Copyright (C) 私が産後ダイエットに成功した方法 All Rights Reserved.